teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


笑って幸せになりなさい

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年11月 9日(木)09時36分59秒
返信・引用
  笑いたければワカ様に一声掛けて!
昔から「笑うかどには福来る」と言いますが、笑いは暮らしや家庭、人間関係に潤いを与えてくれます。笑いの中でもユーモアは「有情滑稽(うじょうこっけい)」とも訳され、
人間の弱さをむしろ認め、それを包み込むように、思いやりの余韻を残す笑いをさします。笑いが癒しにも通じるゆえんです。
そのユーモアスピーチの達人、若林さんの季節に関するネタの幾つかを、さっそくご案内致しましょう。
(春)「心臓の悪い人、動悸が起きた時には、桜の花を食べる(?)と良いですよ」「これを同期の桜と言います」「但し、散った桜はダメですよ」。(夏)「暑い暑い、皆さん、余りの暑さにニワトリが半熟卵を産みました~!」(秋)「芸術の秋、公園で絵を書く人を見かけます」「私には絵心は無いが、した心は有ります」(冬)「皆さん、風邪を引かないで下さい」「風邪が来たら押しましょう!」
ワカ様は日ごろのボランティア活動で顕彰され、皇太子殿下の前で
お話もされています。
また今を時めくアイドル・ユニット「乃木坂46」の若月祐美に
テレビ番組で自己紹介を指導、「箸くん」という宴会芸も伝授し
ました。その他NHKの「こんにちは一都六県」ほか出演し、この方面の第一人者として活躍しています。
皆様も是非ワカ様の話を聞いてネタにし、帰られてから自分のものにして使ってみて下さい。

「若林一声のユーモアトーク、笑って幸せになりなさい」
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 若林一声氏 ユーモア共和国大統領 教育学博士
社会文化功労賞受賞 各地でユーモア教室を主宰
日 時 平成29年12月16日(土)午後2時から5時
会 場 豊島区生活産業プラザ703号室
費 用 お茶代込み参加費二千円
備 考 後半の時間はゲストを交えたお茶会です。
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218松原まで

http://www.gilishya-shinwa.com

 
 

マリー・アントワネット朗読会

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年11月 4日(土)21時08分2秒
返信・引用
  プチ・トリアノンと王妃の村里
遅い、余りにも遅い。王族を乗せた八頭立ての擬装馬車は目立ち過ぎ、また次々と起る予定外の不首尾により、秘密裏にパリを出てから既に20時間が過ぎていた。比べて
噂は矢よりも早く、ここヴァレンヌ、兄の待つオーストリア国境まで約50キロ、二時間もすれば行き着く所を、馬車をそしてマリー・アントワネットを六千の群衆が取り囲んでいた…。後に言うヴァレンヌ逃亡事件である。
オーストリア宮廷より政略結婚で嫁いだマリーは最初からフランスの民衆に憎まれる存在だった訳ではなく、花のように輝く幼い王太子妃は至る所で歓迎された。しかし何よりも退屈を恐れまた常に刺激を求めて、自らのそしてポリニャック夫人などの遊び仲間のために莫大な浪費を重ねるに至る。
しかしこの事件以降、彼女の心は大きな変化を遂げて行く。「不幸に陥って初めて、人は自分が何者であるか、本当に分かるものです」。
―命の最後の、いまわの瞬間に、平凡な人間であるマリー・アントワネットはついに悲劇に相応しい大きさに達し、その運命と同じように偉大となる―同書前文より。
彼女は今も私達の心の中に生き続けています。

「マリー・アントワネット」朗読会(翻訳物、シュテファン・ツヴァイク著)第9回
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 武松洋子さん 劇団創芸でヒロインとして活躍後、朗読会代表、本格派サロンも
日 時 平成29年12月12日(火)午後2時から5時
会 場 豊島区生活産業プラザ703号室 池袋駅東口徒歩約8分(児童公園の裏)
費 用 お茶代込み参加費二千円  連絡先 TEL049(258)3218 松原まで
形 式 前半は朗読、後半はお茶会で、文学サロンとして行います。歴史背景の解説も。

http://www.gilishya-shinwa.com

 

バラライカ演奏会

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年11月 4日(土)16時04分55秒
返信・引用
  バラライカ演奏とロシアの歌声
 ロシアの民族楽器「バラライカ」は三角形の胴体に3本の弦を張ったもので、その音色は「優しい女性の歌声」に例えられます。
昔、ロシアの農民たちもバラライカを聞き、それに合わせて歌ったり踊ったりするのが好きだったようです。素朴な楽器で、ソロ演奏で感動を呼び覚ますことも出来る一方、アンサンブルの器楽演そうも素晴らしいものが有ります。
ワシーリー・アンドレーエフによる改良などを経て、やがてバラライカはロシアに留まら
ず、世界的な人気を得て、ヨーロッパそしてアメリカにも広まって行きました。リムスキ
ー・コルサコフの音楽や映画「ドクトル・ジバゴの中の「ラーラのテーマ」など、枚挙にいとまが有りません。
この度はバラライカ演奏をお楽しみ頂くとともに、アカペラでロシア民謡を数曲用意しています。最後はバラライカの伴奏で皆様も一緒に歌いましょう!

主 催 アストライアの会  協 力 日本ユーラシア協会 日本セカンドライフ協会
ゲスト 八田圭子さん(東京バラライカ・アンサンブル首席奏者)とその教室の方々
    東京労音合唱団有志(ロシア民謡合唱)
日 時 平成29年12月9日(土)午後2時から5時
場 所 千早地域文化創造館第3会議室 地下鉄有楽町線・千川駅3番出口
(駅から大通りに出てそのままの方向で進み、コープ未来で右折、徒歩約7分)
費 用 お茶代込み参加費二千円(後半の時間はゲストの方々を交えたお茶会です)
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原まで メールinfo@asutoraia.com
備 考 会場のスペースの関係で、事前予約をお願い出来たら幸いです。

http://www.gilishya-shinwa.com

 

冬の夜空の星座物語

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年11月 3日(金)12時23分10秒
返信・引用
  ギリシャ神話のロマンに満ちた世界を貴方に
世界の数ある神話の中で最も優れて美しく、面白いのはギリシャ神話とされています。
南ヨーロッパの晴れやかな濃紺の空、きらめく日光、緑の樹と花に満ちた土地、地中海の楽しそうな多くの島々と穏やかな海。古代のギリシャ人達はこうした環境で想像力を豊かにし、一つの星、一つの花にもロマンに満ちた物語を作っていったのでした。
兄を亡くした弟はいつまでも一緒にと、ふたご座となり、エウロペを乗せた白い牛はおうし座となって輝いています。月の女神は夜空で恋するオリオンに近づこうとし、オリオンはさそり座を逃げるように避けています。
それら輝く星座たちの驚くべき転身と変容の物語を通じ、ギリシャ神話の持つ豊かな想像力を、皆様と共に分かち合えたらと願っています。
講師は大学で西洋美術全般を幅広く研究されている方ですが、特にギリシャ神話はカルチ
ャーセンターでも教えられ、分かりやすく解説してくれます。

「ギリシャ神話紹介」冬の夜空の星座物語
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
日 時 平成29年12月7日(木)午後2時から5時
場 所 豊島区生活産業プラザ703号室(池袋駅東口より徒歩8分)
ゲスト 田中久美子さん 文星芸術大学教授 美術史学会、地中海学会会員
    (著書)「ゼロから始める西洋絵画入門」「西洋美術で読み解くキリスト教」他
費 用 お茶代込み参加費二千円(後半の時間はゲストを交えたお茶会です)
備 考 絵や資料を見て頂きながら、ギリシャ神話の世界をイメージアップ
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原まで

http://www.gilishya-shinwa.com

 

漢字の起源と成り立ち

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年11月 1日(水)11時20分47秒
返信・引用
  中国文明は漢字と共に有り
 漢字が生まれたのは古代中国の殷王朝によって用いられた甲骨文字が嚆矢(こうし)とされる。亀の甲羅や動物の骨に刻まれ、祭祀のため、いわば神との対話のために造られたのである。
後に殷との戦いに勝利した新しい王朝周は、神との交信のためだった漢字を他部族との意思疎通や契約のために使うという発想の大転換を行った。
表意文字として漢字は瞬く間に各地に浸透して行き、広く東アジア、東南アジアに伝播し現在に至っている。
甲骨文字は殷墟つまり河南省安陽市周辺で最初に出土され、現在も調査が続けられている。しかしこの時点では文字体系としてかなり成熟しており、更に古くから使用されていた事が想像される。漢字の起源は未だ謎のままと言って過言ではない。またエジプトを始め古代表意文字が消滅する中で、漢字だけが何故使われ続けたのか、研究者の間でも十分な説明はなされていない。
この謎に満ちて、力強く美しく奥深い、無限の魅力と表現力を秘めた漢字の原点を講師と共に探って行きたい。

(講師の言葉)友達に誘われ、なんとなく同じ大学の国語教員を養成する学部に合格して漢字を学びました。その後中国で日本語教師として勤務する機会が有りました。帰国後、中国の古典を極めたい気持ちを抑えがたく、大学院に入り直し、やがて大学教員になりました。人生どうなるか、全く分からないものですね。

「世界古代文明の謎を探る」(14)漢字の起源と成り立ち
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 小幡敏行横浜市立大学准教授 元北京日本学研究センター主任教授
日 時 平成29年11月24日(金)午後2時から5時
会 場 豊島区生活産業プラザ601号室(池袋駅東口より徒歩約8分)
    (LABIという電気店ビルの裏手の先の児童公園を過ぎて、茶色のビルです)
費 用 お茶代込み参加費二千円
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原まで
備 考 画像を駆使したビジュアルなお話し。後半はゲストを交えたお茶会です。

http://www.gilishya-shinwa.com

 

民話から読み解く母なるロシア

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年10月27日(金)20時57分37秒
返信・引用
  母なる大地、母なるロシアとは何か
 ドストエフスキーの「罪と罰」の終章で、利他者ソーニャが利己主義的廃人ラスコリニコフに自首を促すセリフが有ります。「今すぐ広場に行ってひざまずくのよ」「あなたが汚
した大地に接吻して…私が殺しましたと大声で言うのよ」「カラマーゾフの兄弟」でもドミートリイは独白で「卑しい世界から人が心で立ち直るためには、古き母なる大地と、とわの契りを結ぶことだ」と言います。
ロシアを理解するためには全てを包み込むその広大な大地と深く結びついた「母なるロシア」の観念を理解する必要が有ります。
ところでそれは理屈ではなく、その風土や歴史、宗教などを基に、ロシアの民衆が日々の
生活の積み重ねで培ってきたものかもしれません。名もなき民衆の中で語り継がれてきたロシアの民話は驚くほど豊富で、例えばアファナーシエフの民話集はグリム童話の三倍も有ります。動物の話、英雄の物語、民間信仰、妖精、超自然的な奇蹟など、ロシア民衆の想像力の宝庫として現在に至るまで読み親しまれています。
童話の朗読と説明に耳を傾けながら、母なるロシアの魂(たましい)を探って行きましょう。

「民話から読み解く母なるロシア」ロシア歴史・地理・文化シリーズ
主 催 アストライアの会  協 力 日本ユーラシア協会 日本セカンドライフ協会
ゲスト 伊東一郎早稲田大学教授 著書「ロシア民話と民間信仰」他 朗読・三浦礼子
日 時 平成29年11月22日(水)午後2時から5時
場 所 豊島区生活産業プラザ601号室(池袋駅東口より児童公園の先に)
費 用 お茶代込み参加費二千円(後半の時間はゲストの方々を交えたお茶会です)
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原まで メールinfo@asutoraia.com

http://www.gilishya-shinwa.com

 

マリー・アントワネット朗読会

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年10月 9日(月)21時31分49秒
返信・引用
  王は王妃の我儘(わがまま)に何も言えず
遅い、余りにも遅い。王族を乗せた八頭立ての擬装馬車は目立ち過ぎ、また次々と起る予定外の不首尾により、秘密裏にパリを出てから既に20時間が過ぎていた。比べて
噂は矢よりも早く、ここヴァレンヌ、兄の待つオーストリア国境まで約50キロ、二時間もすれば行き着く所を、馬車をそしてマリー・アントワネットを六千の群衆が取り囲んでいた…。後に言うヴァレンヌ逃亡事件である。
オーストリア宮廷より政略結婚で嫁いだマリーは最初からフランスの民衆に憎まれる存在だった訳ではなく、花のように輝く幼い王太子妃は至る所で歓迎された。しかし何よりも退屈を恐れまた常に刺激を求めて、自らのそしてポリニャック夫人などの遊び仲間のために莫大な浪費を重ねるに至る。
しかしこの事件以降、彼女の心は大きな変化を遂げて行く。「不幸に陥って初めて、人は自分が何者であるか、本当に分かるものです」。
―命の最後の、いまわの瞬間に、平凡な人間であるマリー・アントワネットはついに悲劇に相応しい大きさに達し、その運命と同じように偉大となる―同書前文より。
彼女は今も私達の心の中に生き続けています。

「マリー・アントワネット」朗読会(翻訳物、シュテファン・ツヴァイク著)第8回
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 武松洋子さん 劇団創芸でヒロインとして活躍後、朗読会代表、本格派サロンも
日 時 平成29年11月21日(火)午後2時から5時
会 場 豊島区生活産業プラザ703号室 池袋駅東口徒歩約8分(児童公園の裏)
費 用 お茶代込み参加費二千円  連絡先 TEL049(258)3218 松原まで
形 式 前半は朗読、後半はお茶会で、文学サロンとして行います。歴史背景の解説も。

http://www.gilishya-shinwa.com

 

けん玉で遊ぼう!

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年10月 7日(土)21時53分54秒
返信・引用
  吉本秀一さんとけん玉で遊ぼう!
~子どもさんから青年、中高年の三世代が楽しめます~
けん玉と言えば知らない人が無い位い、テレビその他マスコミでお馴染みの吉本秀一さんですが、いつもは病院でリハビリのお仕事をされています。けん玉の効用について書か
れたある童話作家の一冊の本との出会いが、けん玉と共に歩む彼の人生を決めたそうです。
ボランティアにも理解があり、東南アジア諸国でけん玉を教えたり、各地の福祉施設で慰問活動をされています。弊会から生まれたフォルクローレ(若者フォークダンス運動)にもゲスト出演してもらいました。
さてそのけん玉ですが、年々やる人が増え、新聞やテレビ、出版物などでも取り上げられて、今や世の中で一つのブームになっています。けん玉のワザは3万以上とも言われ、今も新しいワザが次々と出ています。
今回は初心者向けとして、「世界一周」「灯台」「けん先すべり」「地球まわし」「さかおとし」などなど、吉本さんの指導の下、けん玉遊びで皆様一緒に和気あいあいと楽しみましょう。
ご希望によって中・上級のワザもお伝えします。

主 催 アストライアの会
協 力 豊島区レクリエーション協会 日本セカンドライフ協会
ゲスト 吉本秀一さん 日本けん玉協会理事 作業療法士&理学療法士
日 時 平成29年11月5日(日)午後2時から5時
会 場 駒込地域文化創造館第4会議室(JR駒込駅北口より徒歩約2分)
(出口を背にして通りを少し右に、三菱UFJ銀行の手前を右に)
費 用  お茶代込み参加費二千円(けん玉の数を揃えるためご予約を!)
備 考 前半はけん玉、後半の時間はゲストを交えたお茶会です。
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218 松原まで

http://www.gilishya-shinwa.com

 

サンタルチア加藤のイタリア民謡

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年10月 2日(月)21時42分7秒
返信・引用
  かとチャンと一緒にイタリア民謡を歌おう!
蓮田市にある「かとチャン」の自宅は周囲と比べて一頭地を抜く白亜の洋館で、翻訳の事務所とスタジオを兼ねている。本来なら土地の名士(迷士?)として何不自由なく暮ら
せるのだが、内心の「芸の虫」を抑える事が出来ず、歌と笑いをミックスした「ユーモアライブ」と言う新境地を開くに到った。何故かあの「綾小路きみまろ」に対抗心を燃やし、「埼玉の歌う袋(ふくろ)小路きみまろ」を名乗り、人に笑われ馬鹿にされる事を無上の喜びとしている。歌については声楽家の本格指導を受けカラオケ教室にも通い詰めた。声量の有るテノールは歌いだすと近所迷惑な程である。
笑いの方は「一ノ瀬ユーモア狂話国大統領閣下」の指南を受けたとされる(一ノ瀬閣下はその後ゲイ貧館でお過ごしとの事)。
今回、何を思ったかイタリアをほっつき歩き、町々でイタリア民謡(日本語でか?)を歌って恥をかきつつ、現地の某女子大生とも仲良くなったと言う。
「♪うるわしの海は うつつにも夢む 君の声のごと わが胸をうつ」と、美女を相手に口説いている姿は想像出来ないが、イタリア政府観光局の動画を背景に、旅物語と本領発揮の歌を聞いてやって下さい。
また歌詞を用意しています。一緒に歌いましょう!

「サンタルチア加藤の歌でつづるイタリア紀行」イタリア民謡歌声喫茶
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
日 時 平成29年11月17日(金)午後2時から5時
ゲスト サンタルチア加藤氏 音楽漫談師 NPO埼玉芸能協会代表
会 場 千早地域文化創造館第3会議室(池袋より千川駅3番出口、コープ店を右折)
費 用 お茶代込み参加費二千円
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218松原まで  メールinfo@asutoraia.com

http://www.gilishya-shinwa.com

 

フォークソング歌声喫茶

 投稿者:アストライアの会  投稿日:2017年 9月18日(月)16時06分55秒
返信・引用
  フォークソングは永遠に心の友
皆様はフォークソングと聞くと何を思い浮かべるでしょうか。青春の思い出、純真な心で歌に人生の思いを込めたあの頃。ジョーン・バエズ、ボブ・ディラン、ブラザーズ・フ
ォアなど、戦後アメリカに端を発したフォークソングは世界的な流行となり、もちろん日本でもマイク真木や森山良子などの人気シンガーが歌う数々の名曲が生まれました。
特徴としては民衆のための音楽、草の根・手作りで歌う感覚、社会的なメッセージ性、連帯、カウンター・カルチャー、エコロジー、歌詞の美しさ、驚くほどの健全性、そして青春賛歌…。
歌に多くの要素を込めたフォークソングは人の心を捉え、街中に歌声があふれ、その歌は人の人生を変える程の力を持っていました。それはまさに時代を超えた「青春の歌」で、現代でも植村花菜の「トイレの神様」ほか数々の新作が歌われ続けています。
生きる意味を見つけるために音楽を始めたと言うゲストの中川さんと共に、フォークソングを歌って青春を取り戻し、心にバラの花を咲かせましょう!

「フォークソング歌声喫茶」
主 催 アストライアの会  協 力 日本セカンドライフ協会
ゲスト 郷 NAKAGAWA氏 シンガーソング・ライター
    (ローカルテレビやラジオのパーソナリティ、各種音楽イベントで活躍中)
日 時 平成29年10月28日(土)午後2時から5時
会 場 豊島区南大塚地域文化創造館音楽室(JR大塚駅南口より徒歩約5分、地下階)
費 用 お茶代込み参加費二千円
備 考 後半の時間はゲストを交えたお茶会です。
連絡先 TEL/FAX 049(258)3218松原まで  メールinfo@asutoraia.com

http://www.gilishya-shinwa.com

 

レンタル掲示板
/10