投稿者
 メール
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ]

スレッド一覧

他のスレッドを探す  スレッド作成


アカサシガメ

 投稿者:会長  投稿日:2014年 6月 5日(木)22時37分14秒
返信・引用
   写真は5月28日に我が家で採集したアカサシガメとその日の内に産まれた卵です。この卵ですが、色合いが違いますが、形はまさにマヨネーズの容器のようです。端部には白いキャップのようなものもあります。孵化した幼虫がどこから出てくるか、想像すると楽しくなります。  

例会

 投稿者:会長  投稿日:2014年 5月12日(月)23時00分39秒
返信・引用
   ウスバシロチョウの観察・採集は如何でしたか。

 県内ではどこにでもいるかなぐらいのチョウですが、まとまった数がいる所となると案外少ないだけに期待した以上の数を観察できました。ハルジオンの蜜を吸う姿や食草のムラサキケマンも観察できました。

 これを機会にさなぎや幼虫・卵と観察対象を広げれば、よりこのチョウへの理解も深まると思います。

 記憶の新鮮な内に観察記を書いてメールして下さい。
 

ウスバシロチョウ

 投稿者:会長  投稿日:2014年 5月 5日(月)20時36分27秒
返信・引用
   4月下旬にはムラサキケマンの花が見られるようになっていたので、ウスバシロチョウの成虫もそろそろ見られるだろうと期待していました。5月4日、旧福光町の山手のそこかしこで数頭が見られました。
 皆さんの身近な所ではまだウスバシロチョウは見られませんか。食草のムラサキケマンが見られる辺りで探してみて下さい。ムラサキケマンについてはネットで画像や解説を見られます。ギフチョウの姉妹種と言われるウスバシロチョウですが、どういうところが似ているか、違うか、比べながら観察すると一層興味が増すと思います。
 

子供の集中力

 投稿者:会長  投稿日:2014年 4月23日(水)00時31分29秒
返信・引用
   「長男が大変ご迷惑をおかけした」ということでしたが、自分の世界にぐっと入り込む力(集中力)を備えているご子息には、大人からするとハラハラする所もありますが、とても頼もしくも感じられます。

 ゲームに集中する子は多いらしいですが、野外で自然現象に集中できる子はそう多くないように私は思います。それだけにご子息には自然に対する感性を失うことなく、少しずつ大人になってくれれば宜しいのではないでしょうか。

 私の息子の場合は野外で興味ある対象を見つけると、その場でじっと観察に集中して時間の経つのを考慮しなくなっていました。息子に同行する時の私の役目はもっぱら運転手とタイムキーパーでした。現在地を何時に離れれば余裕を持って日没までに車のある所に帰れるかを考えながら行動するのです。しかし、その日最高の、思いがけない出会いは日没が迫るころにある、ということも何度かありました。かなり危なっかしいことも経験しています。無事に帰ってきていたから言えることかもしれませんが、何が起こるか分からない。それが野外調査、特に山地での調査の醍醐味かもしれないと。
 

ギフチョウの交尾

 投稿者:Yファミリー  投稿日:2014年 4月21日(月)23時37分9秒
返信・引用
  4月12日の観察会は天候にも恵まれ,春を満喫することができました。ありがとうございました。
さて,ギフチョウの交尾の様子ですが,デジカメの記録によれば14時49分でした。(肝心の画像の方は,シロウトなもんでイマイチでした。)
今回の観察会には,我が家はオトコ3人で参加させていただきました。子どもたちも思いきり楽しんで活動することができました。今年度もどうかよろしくお願いいたします。
 

おさらい

 投稿者:会長  投稿日:2014年 4月20日(日)10時28分58秒
返信・引用
   早速ヤママユガ類の孵化の話題がありました。ありがとうございます。どんどん話題を提供して下さい。

 ちょっと戻って、先のギフチョウについておさらいしましょう。会では雄雌の判別について質問がありました。私はこれについてあまり自信がありませんし、自信がないまま間違ったことを言ったかもしれない、と気がかりになりました。そこで、皆さんもよくご存じのHMさんに尋ねました。以下がHMさんから届いた答えです。

 ギフチョウの♂と♀の違いについては、野外では判別がかなり難しいと思います。腹端に黒色の板状のものを付けいているのは♀で、これが交尾板(受胎嚢)です。この交尾板がなければ、ネットに入れて腹部などをじっくり見ないかぎり、判別できません。
*未交尾の♀は、愛好家でも、しばしば間違えます。

 標本作製・同定会の時にみんなで調べてみましょう。大切に保存しておいて下さい。



 
 

Re: 季節を感じる

 投稿者:白澤  投稿日:2014年 4月18日(金)10時37分7秒
返信・引用
  > No.31[元記事へ]

先日は、例会に行けず、子供達と妻だけで行ってもらいましたが、長男が大変ご迷惑をおかけしたようで
申し訳ありませんでした。
中学生にもなろう、というのに、子供のままで困ってしまいます。
今後は、ああいうことのないよう、厳重に注意しておきましたので、よろしくお願いいたします。

アブラコウモリ、そういえば昨日飛んでいるのを見ました。

感じた季節、といえば、やはり新芽の状況ですね。
今、ヤママユ、ヒメヤママユ、クスサン、井村君からいただいたウスタビガの卵があり、
食草の芽が展開し始めると、卵の孵化も近い、と感じます。

で、先週末にはヒメヤママユとクスサン、昨日はウスタビガの孵化が始まりました。
餌は全部サクラでいけるはず・・・・・・なのですが、大丈夫かどうか。
そのうち、画像をアップさせていただきます。


白澤
 

季節を感じる

 投稿者:会長  投稿日:2014年 4月16日(水)19時29分56秒
返信・引用
   先日の例会(ギフチョウ観察)は如何でしたか。一部の人だけでしたが、なかなか見られない交尾の様子を見られたのは幸運でした。これを撮影した方、撮影時刻分かりますか。このようなデータも大切です。

 ある学生が「アブラコウモリが飛び始めたのを見て春を感じた。」とツイートしていました。皆さんはどんなことに季節の移ろいを感じますか。どんなことでも宜しいです。感じた季節を書き込んで下さい。

 それでは、まず、私から。

 金沢市の浅野川の中流域で3/27を最後にカワアイサが見られなくなりました。
 

覚えていますか?

 投稿者:村井一帆メール  投稿日:2013年 7月17日(水)06時44分51秒
返信・引用
  久しぶりです。
小学校の時よく遊びに来て、富沢さんや石川さんにいろいろ教わったことは今でも覚えています

一昨日昆虫館に行きました。懐かしかったです
「ホタル探しに行く」とか言ってたヤツです
またいきますね

https://www.facebook.com/k.sail.runo

 

訂正

 投稿者:福富  投稿日:2011年 9月14日(水)12時15分1秒
返信・引用
  ↓電話番号が違っていました。正しくは
 076-272-3417
 です。ごめんなさい。
 

/4