法泉寺の掲示板



カテゴリ:[ なんでもフリートーク ]


12件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。


[12] 土壌

投稿者: 桃谷法信 投稿日:2015年 2月 5日(木)08時14分24秒 p6008-ipad05takakise.saga.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

高橋様 ご投稿、ありがとうございます。
仏教伝来の歴史を考えるとき、土着の宗教や風俗風習習俗など、あるいは、政治体制など様々な条件があり、ご縁があったらばこそと思います。そして、そこには必ず、伝えてくださった名もない多くの伝道者が命を懸けて存在してくださったことを忘れてはならないと思います。




[11] 日本の仏教

投稿者: 高橋晃清 投稿日:2015年 2月 4日(水)23時39分23秒 82.205.105.175.ap.yournet.ne.jp  通報   返信・引用

むりょうじゅ を読んでいて悟るところがあります。仏教は釈尊が居られなければなかったことでしょう。しかし、その種が神道と言う土壌に落ちてこそ禅や浄土真宗と言う大木に育った、と閃きました。



[10] 年頭所感

投稿者: 高橋晃清 投稿日:2015年 1月11日(日)18時23分36秒 68.150.0.110.ap.yournet.ne.jp  通報   返信・引用

五色の餅、戴きました。嬉しかった、美味しかった!そのときふと、ある言葉が心に上り年末から沈んでいた気分が何となく晴れました。・・・なにごとも放てば満つる有難さ。



[9] むりょうじゅ

投稿者: 高橋晃清 投稿日:2014年12月 6日(土)06時24分42秒 68.150.0.110.ap.yournet.ne.jp  通報   返信・引用

371を戴きました、有難うございます。凡夫と言う文字が目に飛び込んで来ました。平家物語の”祇王”が心に浮かびました。・・・仏御前に心が移ってしまた平清盛の前で白拍子の祇王が歌いながら舞う・・・仏も昔は凡夫なり 我らもついには仏なり いずれも仏性具せる身を隔つることこそ悲しけれ・・・これを見た清盛は思わず落涙した。この故に私は平清盛が好きです。理屈はありません。理屈抜き・・・”この法爾は御誓いなりける故にすべて行者のはからひなきをもちて、この故に他力には義無きを義とするべきなり・・・。石山本願寺の時代は人々は学問も教養も無く、このような教えがそのまま心に落ちて『今住むこの世界こそが極楽浄土』と悟ったのかもしれません。なまじっか西洋流の学問をして”あらゆるものごとに『議』を言う事を以て思慮ある人、教養、との刷り込みを受けた現代人は、今立っているその足元こそ極楽浄土・・・即ち阿弥陀如来の御誓い、という事が判らなくなっている、見えなくなっている、のではありませんか。



[8] 訂正

投稿者: 桃谷法信 投稿日:2014年11月25日(火)20時23分9秒 p6035-ipad08takakise.saga.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

高橋様、そこ師ではなく、少しです。訂正してお読みください。



[7] おめでとうございます

投稿者: 桃谷法信 投稿日:2014年11月25日(火)20時19分46秒 p6035-ipad08takakise.saga.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

高橋様、お便りありがとうございました。高橋様の後生の一大事が解決され、まことにおめでとうございます。限りある私の命が、死によって、大いなる宇宙に帰らせてもらえること、それを往生浄土と示してくださった法然様や親鸞様の慧眼に感服する次第です。この世なる出張所とは言いえて妙なる表現ですね。ともあれ、心が安らぎ、穏やかなひぐらしが恵まれたこと、それも本部のお計らいかもしれませんね。そこ師でもお役に立てたこと、ありがたく存じます。
 紅葉から木枯らしの季節に変わりつつあるこの時節、お風邪など召されませぬよう、ご自愛ください。 合掌



[6] 開かずの間

投稿者: 高橋晃清 投稿日:2014年11月24日(月)20時33分29秒 68.150.0.110.ap.yournet.ne.jp  通報   返信・引用

桃谷ご住職様お元気ですか。終戦引き揚者故の問題から生じた我が家の『心理的』開かずの間によって『魔法に掛けられて』過ごした60年余りが貴方をお訪ねした動機と行動によって終わりました。長い間しばしば見ていた夢・・・暗い夜中、重い荷を持ってどことも知れぬ街中や山中を彷徨う夢・・・を見なくなりました。終わって見ると、どうしてこんな簡単なことが解らなかったのだろう?・・・です。
『あの世』と呼ばれる世界に私の本部があって『この世』なる出張所に来ているような気がします。本部の情報が少し見えるようでもあります。自分でも説明出来ない行動や性癖、決定などがどうも本部の指令であったような感じもします。60年の紆余曲折から人間にとって非常に重要な教訓を得たように思います。いつかお話出来るかもしれません。
そのうちまたお訪ねさせてください。お寺は鬼籍に入った人の為にあるのではなく今生きている者の為にあると、戴いた柿を食いながら閃き・・・つまり悟りました。



[5] 御礼言上

投稿者: 高橋晃清 投稿日:2014年11月 4日(火)23時24分53秒 68.150.0.110.ap.yournet.ne.jp  通報   返信・引用

桃谷ご住職様、先日11月2日はご親切に有難うございました。私にとっては生涯の転機になった一日でした。戴いて参った『むりょうじゅ』を拝読、当日の仏間の静謐と平安の雰囲気ともども忘れがたく、『このようなところに居たかったとの思い』しきりでした。人生再出発の元気が出て参りました、大変有難うございました。人生再出発??いずれお話しする機会があればと存じます。家族ともどもどうぞ末永く宜しくお願い申し上げます。

佐世保市原分町44-3 高橋晃清



[4] 高橋様・納骨所について

投稿者: 桃谷法信 投稿日:2014年10月25日(土)14時41分16秒 p6035-ipad08takakise.saga.ocn.ne.jp  通報   返信・引用

前略、今朝は電話で失礼いたしました。
一度、ご来寺いただき、ご覧いただくのがいいと思います。
納骨をご縁として、仏法聴聞のお手次をさせていただけたら幸甚です。
よろしくお願いします。 法泉寺住職 桃谷法信



[3] 探しています

投稿者: 高橋晃清 投稿日:2014年10月22日(水)10時54分51秒 100.214.0.110.ap.yournet.ne.jp  通報   返信・引用

拝啓、私は鹿児島県川内市出身。墓地が山の上、ヤブの中になってしまい歳をとって墓参もままならない状況になりました。まだ父が存命ですが長くはないでしょう。現住所佐世保ですが息子が波佐見に居ます。結婚していますが子供がなく彼の代で家系が絶えると思っています。従って仮に近くに墓地を移しても行く行く管理する者が居なくなるでしょう。息子たちや私どもが再々訪れることが出来る地域で遺骨が粗末にならないよう納める事のできる寺院はないか探しています。先祖伝来東本願寺門徒でしたが親の代に法華宗に替わったようです。しかし拘っていません。


レンタル掲示板
12件の内、新着の記事から10件ずつ表示します。

お知らせ · よくある質問(FAQ) · お問合せ窓口 · teacup.レンタル掲示板

© GMO Media, Inc.