teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]

 投稿者
  題名
  内容 入力補助画像・ファイル<IMG> youtubeの<IFRAME>タグが利用可能です。(詳細)
    
 URL
[ ケータイで使う ] [ BBSティッカー ] [ 書込み通知 ] [ 検索 ]


講演会のお知らせ

 投稿者:森 大樹  投稿日:2011年 4月13日(水)17時23分5秒
返信・引用 編集済
  保坂 陽一郎(建築家)    「一建築家の旅」

   対談 :永松賢一(永松賢一・游建築研究所)
   司会進行:岩岡竜夫(東京理科大学)

日   時: 平成23年4月23日(土)16:00~18:00(15:30 開場)

場   所:武蔵野美術大学新宿サテライト
       東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル9階
       tel03(3343)6311

参 加 費:¥1,000(学生¥500)

定   員:120名(申込先着順 日月会会員以外の方でも自由に参加できます)

後   援:武蔵野美術大学校友会

http://

 
 

セミナーの案内

 投稿者:さいたま南支部・森  投稿日:2010年 3月24日(水)18時13分9秒
返信・引用 編集済
  竹山 実(建築家)
 「もう一つのクロノロジー;コンペとプロポーザルを振り返る」
                                対 談:鄭 秀和(インテンショナリーズ)

日時  平成22年4月24日(土)16:00~18:00

場所  武蔵野美術大学新宿サテライト
            東京都新宿区西新宿1-25-1 新宿センタービル9階
                     tel03(3343)6311

参加費 ¥1,000(学生¥500)

定員 120名(申込先着順 日月会会員以外の方でも自由に参加できます。)

申込先 下記URLより申込フォームにて、セミナー希望と明記の上、お申し込みください。

           http://nichigetsukai.com/news/index.html#2010/02/16
フォルマ・フォロ セミナー 第2回 竹山 実(建築家)
 

第25回技術委員会デザイン小委員会-デザイン研究会-開催のご案内

 投稿者:さいたま南支部・森  投稿日:2010年 3月24日(水)18時08分59秒
返信・引用 編集済
              埼建士発第  138 号
平成22年3月19日
第25回技術委員会デザイン小委員会-デザイン研究会-開催のご案内

時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
さて、標記委員会を下記により開催いたします。つきましては、ご多忙の折恐縮に存じますが、ご出席賜りたくご案内申し上げます。
なお、これまで参加されていない意匠設計業務の方のご参加もお待ち申し上げております。



1,と き   平成22年4月1日 (木曜日)  18 : 00~20 : 00
2,ところ   浦和コミュ二ティセンター 第7集会室
       (さいたま市浦和区東高砂町11-1 浦和パルコ10階 JR浦和駅東口下車徒歩1分)
3,議 題   1) 新年度事業計画の希望、見学会、講演会概要協議
        2) 活動報告・研究発表 ― 担当予定 能登 氏(さいたま南支部)
        3) その他

※ 会議終了後の懇親会を浦和駅周辺(会費制・場所当日)で行う予定ですのでご都合の良い方はご参加ください。
※ 3月30日までにご出席の連絡をお願いいたします。
( FAX 048-864-8706、kawanabe@ksaitama.or.jp )

デザイン研究会 環’s -ring’s-
 

第23回技術委員会デザイン小委員会-デザイン研究会-開催のご案内

 投稿者:さいたま南支部・森  投稿日:2010年 1月18日(月)18時01分36秒
返信・引用
  第23回技術委員会デザイン小委員会-デザイン研究会-開催のご案内

 時下ますますご清栄のこととお喜び申し上げます。
 さて、標記委員会及び新年会を下記により開催いたします。つきましては、ご多忙の折恐
縮に存じますが、ご出席賜りたくご案内申し上げます。
 なお、これまで参加されていない意匠設計業務の方のご参加もお待ち申し上げております。



1,と き   平成22年1月21日 (木曜日)  18 : 00~19 : 10
2,ところ   浦和コミュ二ティセンター 第7集会室
       (さいたま市浦和区東高砂町11-1 浦和パルコ10階 JR浦和駅東口下車徒歩1分)

3,議 題   1) 私の好きな建築家シリーズ(マルセル・ブロイヤーと吉村順三)について
        (担当予定:手島氏、他、自由討論)
       2) その他

※ 会議終了後に新年会を下記により行いますのでご都合の良い方はご参加ください。
・場所 はなの舞浦和東口店(19:20~)・会費4000円
※ 1月18日までにご出席の連絡をお願いいたします。
( FAX 048-864-8706、kawanabe@ksaitama.or.jp )
 

第22回 デザイン研究会 環’s-ring’s-  会議録

 投稿者:さいたま南支部・森  投稿日:2010年 1月18日(月)18時00分0秒
返信・引用
  第22回 デザイン研究会 環’s-ring’s-  会議録

日 時 平成21年11月25日(水) 18:00~20:30
場 所 建産連 第2会議室
出 席 増谷(県南)、小澤(県南)、塩川(さいたま南)、森(さいたま南)、田口(中央北)、
斉藤(越谷)、佐藤(入間第一)、筒井(入間第二)、手島(杉戸)、事務局長 川鍋
オブザーバー:日刊建設通信新聞社 松浦幸三 氏、
                                          進行 手島
1. 開会
2. 見学研修、講演についての発表
斉藤:レポート及びスライド発表
   講演「照明デザインのルールとテクニック」についての報告
   講演の復習、LEDのポイント、「自分自身の光のものさし」をもつことの大切さ
   「光のものさし」を感じる建築の例:手塚貴晴・由比の住宅、鈴木エドワード住宅
  ■発表についての参加者感想、意見交換
   あかるさとあたたかさ、経済性のバランスのむずかしさ。光の設計、光の重心、局所照明
  実務上の経験談など多数。
3. テキスト作成の素案について
具体的な行動計画にもとづくワークショップの方法を収集
佐藤:新聞紙を使った立体構造
・ 面で利用と断面を作って利用の強さの違いを体験
・ 身近な材料である新聞紙活用 リサイクル可能
  田口:前回の小学校出前ワークショップのより具体的な企画案
・ 平成22年11月のくすのき祭りへの出展計画
・ ものづくり(構造的なもの)、パネル展示、クイズの3本立
・ 具体的行動を総括、記録してワークショップマニュアルを作成する。
* デザイン研究会として参加の検討を行う。
  手島:徹底的に見て歩こう
・ 自分の学校周辺の町を見て歩く(建築士と一緒に4~5名のグループで)
・ テーマを絞る(おもしろい場所、街角の宝物さがしなど)
・ メモ、感想交換
・ 教育委会や学校の同意は安全の面で難しそう。PTA主体の可能性。
■ ワークショップの大きな区分
・構造系  ・行動系  ・材料体験系  ・講演系 など
*今後に向けて ・・・ワークショップをいろいろな視点から考え、出来そうなものを多数出し
合って検討する。
4. 次回開催案内
年末は立て込むので、新年会をやりながら1月の会とする。
会場は浦和のパルコ10階 コムナーレを希望。
■ 第23回デザイン研究会 環’s-ring’s
  平成22年1月21日(木) 午後6:00~7:00
  浦和駅東口パルコ10階 コムナーレ会議室(予定)
  内容:私の好きな建築家 担当予定:手島(マルセル・ブロイヤーと吉村順三について)
* 会議後7:30から新年会を行います。(会場は後日案内)

■ 第24回デザイン研究会 環’s-ring’s
  平成22年2月25日(木) 午後6:00~8:30
  会場は調整中
  内容:旅の思い出、旅の記録 (担当募集)
     テキスト ワークショップ案募集
     新年度計画の希望、見学会、講演会概要協議

* 1月は新年会を行います。どうぞ多数のご参加をお待ちしています。しばらくぶ
りの方、初めての方、お立ち寄りください。
* 私の好きな建築家 発表者募集しています。
* 2月の旅の記録発表者募集しています。(国内外の大小さまざまな旅のスライド
をお見せください。)

                         以上    2009.11.26 書記:手島
 

内井昭蔵展

 投稿者:さいたま南支部・森  投稿日:2009年12月11日(金)14時09分3秒
返信・引用 編集済
   こんにちは。川鍋局長より内井昭蔵展のご案内を回して頂きました。
http://www.setagayaartmuseum.or.jp/exhibition/exhibition.html
結構長い展示期間ですが、ご案内にある長谷川尭師の講演は私も
行きたいと考えているところです。
 内井先生が存命中の作品については、↓の長谷川師の著作で未だ
途上段階としての評価であったものが、長谷川師はその後どのように
ご覧になっていたのか・・・興味のあるところです。

装飾的なものという繋がりで申せば、長谷川師は専ら村野藤吾にくっ
ついて回った、村野藤吾専門の評論家・学者のような印象があります
が、その目で内井評を語ってもらうのが一番自分としては適当な方だ
と思います。

 私は子供を置いて出かけられるかが勝負です・・・息子の桐吾(藤吾からきている)も来ればよいのですが。
 

ご挨拶

 投稿者:さいたま南支部・森  投稿日:2009年12月10日(木)18時24分17秒
返信・引用
  さいたま南支部の森です。
 公式に・・・というわけでもないのですが、展覧会・見学会等情報の伝達や
出欠席などの伝言板として掲示板を設定しました。使い方次第で川鍋局長、
手島委員長の手間が省けたりするようでしたら良いのですが。
                        宜しくお願いします。
 

レンタル掲示板
/1