teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:12/70 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

ピアノのお話し

 投稿者:piano  投稿日:2016年 9月24日(土)18時47分30秒 c109058.net11093.cablenet.ne.jp
  通報 返信・引用 編集済
  参考 サイレントデザインの騒音対策より

アマチュアとプロの方では、打弦力(鍵盤圧力)によるピアノ音圧にかなりの差がありますので、騒音対策での防音工事・防音室の際の遮音計画のポイントになります。

ピアノの音圧は90~110dBですが、プロの方のお部屋ですと遮音性能は既存の遮音性能とのトータルで60dB程度は必要になります。

ピアノの防音工事・防音室・騒音対策等を考える場合のお部屋の構造は、その音の圧力に耐えられ音を通さない様に、重くて厚い素材を基本とし、その中に粘性・空気層を用います。又、ピアノ音のキンキンした不快残響を取り除く、表面吸音処理も必要です。防音工事

ピアノを部屋の階上に置く場合の騒音対策では、ピアノのペダルのコツコツした音が床の固体を通じて階下に響く事が多いので、固体伝播音がしない、天井・床の処理が防音工事・防音室プランでは必要です。

お部屋の床の基礎が頑丈な所で、天井と床の間には空気層を取ったり、振動の伝わらない、吊り式天井にしたり、浮き床構造にした上で厚い板を取り付け、その上に厚手の絨毯を敷きピアノの脚には振動を伝えにくいキャスターを入れて対策をします。

ピアノを設置するお部屋の間取りにも注意が必要です。お隣りが寝室やリビング・仕事場だったりすると苦情の原因になります。ピアノ防音工事の騒音対策の計画では、出来るだけその様なお部屋から離しましょう。

ピアノを遮音性能が無い一般的な窓・サッシや換気口のそばに置くと、そこから音が外に逃げて行きますので、苦情の原因になります。騒音対策の防音工事・防音室では、出来るだけそのような場所から離すか、サッシをピアノ防音仕様にして騒音対策をしましょう。






◆サイレントデザイン・口コミ評判リンク

今日の占い 音響の基本知識 防音室 防音工事 騒音対策の知識 ボーカルブース ピアノ騒音対策 ピアノ買取 防音室価格
ウィーン声楽教室 不用品回収 女性占い師 健康食品 声楽教室 中古防音室 ボーカル教室 楽器リンク集 音楽療法
防音室ショールーム 聴力検査室  防音室レンタル ショールーム体験 ドラム騒音対策 ペットの騒音対策 防音ルームサイズ 天使の占い 埼玉の声楽スクール

サイレントデザイン

http://www.silent-design.jp/piano.html

 
 
》記事一覧表示

新着順:12/70 《前のページ | 次のページ》
/70