teacup. [ 掲示板 ] [ 掲示板作成 ] [ 有料掲示板 ] [ ブログ ]


スレッド一覧

  1. 足あと帳(0)
スレッド一覧(全1)  他のスレッドを探す 

*掲示板をお持ちでない方へ、まずは掲示板を作成しましょう。無料掲示板作成

新着順:1/73 記事一覧表示 | 《前のページ | 次のページ》

サイレントデザイン防音室【組立式】購入に関したレビュー

 投稿者:silent-design  投稿日:2018年 9月24日(月)09時38分13秒 softbank126040000074.bbtec.net
  通報 返信・引用 編集済
  silent design

サイレントデザイン防音室は、組み立ての方法が内組式なために、比較的に狭い場所にも設置が出来ると思われがちですが、防音室が隣接する壁以外の、三方向に人が十分に組立作業ができるスペースが必要です。組立式防音室の換気扇は外側に14cm出て、ドアは外開きで、60cmオープンサイズとなります。又、防音室の天井とお部屋の天井との間が10cm以上ないと組立できません。防音室に隣接する側の壁との間が7cm以上あると音の増幅作用が抑えられますので、間隔を持ちましょう。

1.5帖や2帖サイズの組立式防音室ですと、お部屋の広さとして、六畳程度は必要になります。


搬入の場合には、入口、廊下や階段が狭くなく高さもあることが必要です。お部屋も極端なカーブのある間取りや、狭くて低い階段、エレベーター室内の高さがないと運べません。

床も平行で凹凸もないことが条件です。畳は不安定なので合板を敷いてから組立ます。又、フローリングなどの場合は、床が傷つきやすいので、絨毯を用意されることが必要です。

サイレントデザイン防音室の場合、ドア位置や左右開き・換気扇・コンセントの位置は自由に指定できます。又、クーラーや配線用の穴あけのオプションもあります。

標準装備【換気扇・二口コンセント・電源コード2m】照明は付属していませんが、パネルにネジが効きますので、ご自分で取付可能です。突っ張り棒にクリップ式ライトを取り付けるのが簡単な方法です。

クーラーが必要な場合は、遠方の方には、指定の場所にダクト用の穴あけオプションもありますので、取付はお近くの電気店にご相談ください。都内の方はクーラー取付可能かのお部屋の下見も行っています。【運送会社の下見料金3000円~】

床は防振構造にはなっていますが、パネルの重さがあるので、床には重量がかかっていて、振動の起きやすい、ピアノのペダル・コントラバス・ベース・チェロなどの楽器に関しては、防音室の床下に、振動を抑制させる、防振ゴムや防振マットの用意をお薦めします。

サイレントデザイン防音室は、響きがフラットなので、響きの必要な楽器や歌の方には好評ですが、録音用途や響きやすい楽器の場合は、吸音対策が必要です。

防音室のサイズが狭いほど、音の跳ね返りの距離が短いので、反響が多くなります。広ければ広いほど、音は聞きやすくなります。狭い防音室の場合は、吸音スポンジや吸音パネルの用意をお薦めします。

すべての用途に合わせた仕様ではないので、自分で好みの音にカスタマイズしたりして、楽しみながら自分仕様にしていくことをお勧めしています。

silent design

http://www.silent-design.jp/

 
 
》記事一覧表示

新着順:1/73 《前のページ | 次のページ》
/73